2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06
 
HOME > [真面目系]叫び或いは夢

スポンサーサイト

 --------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

どうでもいいこと或いは果てしなくどうしようもないこと

 2005-09-21(水)
これだけは書いておかなければならない。
いま、書いておかなければならない。
と、思った。

いつもの幕僚日誌とは違う。
だから、いつものノリで読んでいる人は読みとばした方がいい。
このエントリーだけ主旨が違う。
だからタイトルも違う。
とてもつまらない言葉しかない記事である。


あれから二年が過ぎた。
晴れの日もあり、雨の日もあり、風の日もあった。
志弱くして、未だ生きている。
然れども、その生、仮にして、未だ暗黒を出ず。
我、笑い過ごそうと欲すれど、涙止まず。

 失之易、得之難。
 (コレヲウシナフハヤスク、コレヲウルハカタシ)

このまま潰えようと思い、見もせず、話もせず、語らず日々を過ごした。
幾星霜が過ぎ、遠く東の国から憐憫と愛情の語りかけがあった。
思わず落涙した。
それが、COMMONと衛生兵0号の書き込みである。
そのログは、今の掲示板3号にはない。
サーバがniftyの障害でふっとんだから。
あるきっかけを作ってくれた二人の書き込みである。
だから、niftyに対し、あれだけ食ってかかった。
伏せていた身を、少なからず押し上げてくれた言葉だったから。
幸いなことに、サーバ側のログがあり、メディアに記録されてniftyより頂いた。
まだ復旧はしていないが、いつか過去ログとして復旧するつもりである。

人が発した言葉は、本人の意がそのまま伝わるわけだけではなく、思いも掛けない解釈として相手に伝わることもある。
まさに、そういう言葉だった。
彼、彼女の真意はそうでもはなかったかもしれないが、自分に響いた言葉は、「前へ」であった。

それから、「少し」変化した。
この「少し」は、とても困難で苦痛を伴うことだった。
見た目よりも厳しく、歯を食いしばって「少し」を具現化しようとした。
はたからみれば、笑える光景であったろう。
意味のない光景であったろう。
無駄な光景であったろう。
それでも「少し」の変化を具現化するため、涙を流し、血を流し、見えざる重圧と闘争し、無関心な放心状態を脱すべく、完全脱却ではなく、少し這い上がるだけかもしれないが、「前へ」進んだ。

その「少し」の結果が、情報幕僚部のリニューアルと幕僚日誌Ⅲの執筆だった。
更新する意思のなかったこれらを更新したのだ。
特に幕僚日誌Ⅲは、過去のⅠやⅡを読んでいた人ならわかるが、とても続けられる状態ではなかった。特にⅡ。
だから一新してブログ形式にし、Ⅲとした。

ネタやニュースに対しての文句などを書いているが、これは必死の結果である。
文面通り受け取ってはいけない。
書くことによって忘れ、書くことによって塞ぐ、その結果でしかない。
ほかのコンテンツが何故更新されないのかも、ここに理由がある。
こういうことはわざわざ書くことではないのだが、今日の主旨からすれば、まぁ、どうでもいいことなので、書いている。

書けなくなったら、終わりである。
そのつもりで書いている。
また、あの頃の血の海に伏したと思われたい。

端的に書けば、すぐ終わるのに、まわりくどい書き方をして面倒くさいと思われるだろう。
自分でもそう思う。
これは、わざとこういう風に書いている。
理由は、ある。
しかし、理由は書けない。書かない。
推して知ってもらう以外にない。

こういう書き方すると、自分でもなにを書きたいのか、ぶれる時がある。
なので、以降は少なからず簡潔に書こうと思う。

つまり、これだ。

 不怨天、不尤人。
 (天ヲウラミズ、人ヲトガメズ)

意味は、不幸だからとて運命をのろわず、人のせいにもしない。


あれから二年。
血が止まったと思っていたが、流れて続けていたようだ。

おれは見た。さっき。
偶然にも。
だから、これを書いている。
なつかしいとこもあった。それが特にきつかった。

おれは見た。

おれは何も変わっておらず、あれも変わっていなかった。
思うに、幕僚日誌Ⅲもこうなので、あれもそうなのかもしれない。
深淵の真意は、表だけじゃわからないもんだから。
楽しいのであろう。少なくとも、表は。

泣くが嫌さに笑って候。

だから私は笑っているのです。
近くて遠い空の下で。表は。

以上余談忘備録として、チラシの裏の如き戯れ言。


狼は生きろ、ブタは死ね。



スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。