2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07
 
HOME > [遊ぶ]映画系

スポンサーサイト

 --------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

愛の空軍大戦略(Battle of Britain)

 2009-05-29(金)
久々の記事更新。もうすっかり忘れていました。

デ。
久しぶりに神映画『空軍大戦略』を見ました。Battle of Britain、バトル・オブ・ブリテンな、本物の戦闘機やら爆撃機やらで作られている傑作ですが、子どもの頃から何回も見たはずなのに、何度見ても面白いです。

そんだけなんですが、あの頃のように、今でもワクワクしながら見られたのが確認できただけでも嬉しかったり。

今はCGだらけで、この映画のような生の迫力のあるやつって、なくなりましたねぇ。

愛の空軍大戦略(Battle of Britain) の続きを読む

スポンサーサイト

愛の日本以外全部沈没

 2006-05-16(火)

SF作家小松左京御大原作の映画『日本沈没』が33年振りリメイクされ、SMAPの草剛と柴咲コウのキャスティングによる大作であるということは、既に公式サイトも開設され公開まで2ヶ月(2006年7月15日公開)になったこともあり、周知のところ。

初代『日本沈没』は、隊長こと藤岡弘、主演で往時を記憶している人も多いはず。原作は1973年に出版され大ベストセラーになった。小松左京は「沈没成金」と呼ばれた。時を同じくして、やはりSF作家の御大である筒井康隆がパロディ作品を出した。

それが『日本以外全部沈没』。

短編小説なんだけれども、筒井康隆全盛期といっていい時期であり、それはそれは楽しい小説だった。

これも映画化される(笑)

愛の日本以外全部沈没 の続きを読む

愛のジョニー・デップの新作

 2006-03-31(金)

ジョニー・デップ『リバティーン』

 

 

 

 

 

『パイレーツ・オブ・カリビアン』や『チャリーとチョコレート工場』などで、すっかりオコチャマにも認知されたハリウッドの異端児ジョニー・デップの新作が来月(もう明日が来月だけど)から公開される。

■題名:リバティーン
■公開日:2006年4月8日(全国ロードショー)
■公式サイト:リバティーン公式サイト
(予告編や特報が観れます)

愛のジョニー・デップの新作 の続きを読む

愛の北斗の拳 映画版

 2006-03-23(木)

ケンシロウ

映画版北斗の拳が公開中である。『真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章』が公開中である。

ケンシロウ役の吹き替えに阿部寛がキャスティングされ話題になった映画版である。リアルで週間少年ジャンプの連載を読んでいた世代も父親の世代。この映画は親子で観れる貴重な作品でもある。

パチスロ「北斗の拳」がヒットしたのも、リアル世代がいたからなんだよね。

映画版は五部作になるということで、今回の映画は第一部。

愛の北斗の拳 映画版 の続きを読む

愛のスターウォーズ未公開映像集

 2006-02-18(土)

スター・ウォーズ未公開映像集(Star Wars: Deleted Magic)30年近く前に公開された『スターウォーズ エピソード4/新たなる希望』のカットされた未公開シーンやメイキング映像がある動画です。

コアなスターウォーズのファンなら知っている映像ばかりでしょうが、わたしは知らない映像ばかりで感動しました。

特に引用している画像にあるシーン。若きハリソン・フォードが演じるハン・ソロ船長と女性のシーン。

このシーンは、ルーク・スカイウォーカーがオビ・ワンと共にならず者が集う酒場で宇宙船をチャーターする場面のシーンです。

丸々カットされたシーンなんですね。

クライマックスのダース・ヴェイダーとオビ・ワンが一騎打ちするシーンのメイキングなどもあり、リアルタイムで観た人には、ある種の感傷すら与えてしまう動画ですよ。

■スター・ウォーズ未公開映像集(Star Wars: Deleted Magic)
(Flashに動画が組み込まれているのでFlashがインストールされていないと観れません)

愛のスターウォーズ未公開映像集 の続きを読む

愛のアラゴルンの新作映画

 2006-02-16(木)

ヒストリー・オブ・バイオレンス

映画『ロード・オブ・ザ・リング』で勇者アラゴルンを演じたヴィゴ・モーテンセンの新作映画。

ヒストリー・オブ・バイオレンス

公開日:2006年3月11日

公式サイト:http://www.hov.jp/
(予告編が観れますよ)

なんと、2月22日主演のヴィゴ・モーテンセンとマリア・ベロが来日とのこと。

アカデミー賞の話題で海外サイトも賑わっていますが、本作も有力候補。2部門にノミネートされてます。

簡単なあらすじはこうである。

愛のアラゴルンの新作映画 の続きを読む

愛のインディ・ジョーンズ4

 2006-02-11(土)

映画『インディ・ジョーンズ』シリーズと言えば、ハリソン・フォード扮する主人公の考古学者「インディアナ・ジョーンズ」が大活躍する、ジョージ・ルーカスとスティーヴン・スピルバーグが組んだアドベンチャー超大作で、もうドキドキワクワクな映画であるということは誰でも知っている。

アドベンチャーズ・オブ・インディ・ジョーンズ コンプリートDVD

そしてシリーズ最後の作品である『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』が1989年に公開されてから、もう17年も経ってしまった。

2001年に続編の『インディ・ジョーンズ4』の制作が決まったとのニュースがあって、もう5年目になるんだけれど、未だ公開されていない(笑)

米国のエンターティメント情報サイトEntertainment Weekly(EW:エンターティメント・ウィークリー)を何気なく眺めていたら、このサイトにあるブログ(pop WATCH)に関連する情報があった。(リンク先は英語サイトですよ)

ハリソン・フォードへのインタビューだ。内容はもちろん『インディ・ジョーンズ4』についてである。

愛のインディ・ジョーンズ4 の続きを読む

愛のシャーリーズ・セロンの新作

 2006-02-11(土)

『モンスター』で14㎏も体重を増やし、いったい誰なんだ?というくらい容姿が変貌したのに、その見事な演技でアカデミー主演女優賞を受賞したシャーリーズ・セロンの新作が来月公開される。

今度は近未来SFアクションだ。

イーオン・フラックス










イーオン・フラックス』。
公式サイト:http://www.aeonflux.jp/

2006年3月11日全国東宝洋画系にて公開。
リンクした公式サイトで予告編も見られる。

簡単なあらすじは、こうである。

愛のシャーリーズ・セロンの新作 の続きを読む

愛の大帝の剣

 2006-01-14(土)

夢枕獏原作の未完の大作『大帝の剣』が阿部寛主演で映画化される。

映画『大帝の剣』公式サイト










というニュースは昨年あって、旬な話題ではないのだが、撮影もわりかし順調みたいで2月上旬にはクランクアップ予定だそうだ。

公開は今秋以降のようだ。

■サンスポのWeb記事…映画「大帝の剣」ロケ公開
■映画『大帝の剣』オフィシャルサイト

ヒロイン役は長谷川京子でまんま「ドラゴン桜」なんだけど、忍者佐助役をクドカンこと宮藤官九郎が演じるという絶妙のキャスティングなのだ。

竹内力も出る。
クドカンと竹内力・・・

グループ魂の名曲「竹内力」だ!

ってなことはおいといて、そもそも『大帝の剣』って何?だろうな。
20年前に連載開始された柴田錬三郎ワールドチックな超弩級伝奇時代劇である。

愛の大帝の剣 の続きを読む

愛の13日の金曜日

 2006-01-13(金)

年末年始ってのは曜日の感覚が鈍るものだけど、今日って13日の金曜日なんだね。

新年そうそう。

だからどうってこともなく、クリスチャンでもないので、13日の金曜日よりもホテルの4階だとか9階の4号室とかの方に敏感に反応したりする純日本人である。

テレビではジェイソンの映画はやらないんだね。

mixiで個人情報を追跡される可能性があるネタとかあって、これでも書こうかなと思ったけど、13日の金曜日に反応してしまって書いてない。

いまとてもラーメンが食べたくて、このラーメンが食べたいというのは年末から言い続けているので姪っ子とかは「食べにいけばいいじゃん」と素っ気ないが、気が付くと納豆ご飯を食べていたりして、いつもタイミングを逃している。

次。

愛の13日の金曜日 の続きを読む

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。