2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06
 
HOME > [飲み食い]食い物系

スポンサーサイト

 --------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

愛の「ぬれ煎餅」と銚子電鉄

 2006-11-21(火)

銚子電鉄の「ぬれ煎餅」「ぬれ煎餅」というダシの効いた醤油タレたっぷりなお煎餅が猛烈な勢いで注文されている。醤油タレなお煎餅な時点で旨いのはわかっているのだけれど、これには理由がある。

そして、この「ぬれ煎餅」を販売しているのは、お煎餅屋さんでもお醤油屋さんでもない。電鉄会社。銚子電鉄なのである。(画像は銚子電鉄オンラインショップ「ぬれ煎餅」ページより引用)

電車運行維持のためにぬれ煎餅(せんべい)を買って下さい!! 修理代を稼がなくちゃ、いけないんです――。約2億円の負債を抱えて経営難に苦しむ銚子電鉄(千葉県銚子市)が、自社のホームページ(HP)で「緊急報告」と題し、同社の名物「ぬれ煎餅」やレールで作った文鎮など電鉄関連商品の購入を呼びかけている。車両の法定検査が資金不足で発注できず、このままでは元旦の輸送に支障が出たり、年明けに車両不足でダイヤ通り運行できなくなったりする恐れがあるという。

■「ぬれ煎餅買って」 経営難の銚子電鉄がSOS
(asahi.comより。2006.11.21 15:02。全文はリンク先参照)

テレビでもやってましたね。銚子電鉄の「ぬれ煎餅買って下さい!」ってやつ。安易に募金や寄付を募らず、商い(あきない)で勝負するこの姿勢が共感を呼んで、猛烈な勢いで注文されているみたい(笑)

だって、醤油タレ煎餅って旨いもん。でも、この銚子電鉄の必死さにはワケがある。

愛の「ぬれ煎餅」と銚子電鉄 の続きを読む

スポンサーサイト

愛の「めんバーガー」

 2006-11-06(月)

ちょっと古いネタなのですが、朝日新聞Webサイトに「めんバーガー」なる食い物の記事があった。

ライス・バーガーのライスの部分がラーメンの「めん」なバーガー。別にハンバーグを挟んでいるわけではなく、チャーシューとか。

▽パンの代わりにラーメンのめんで具を挟んだ「めんバーガー」が福岡県行橋市で発売された。350円。具はネギチャーシューと鶏のつくねの2種類。
意表をつく組み合わせと不思議な食感で人気を呼んでいる「めんバーガー」

▽ラーメン店の激戦区として知られる東京の環状7号線沿いで豚骨ラーメン専門店を経営する同市出身の定石光治さん(47)が、知人の協力を得て開発した。

▽店で従業員がゆで損なっためんを隠していたのを見つけ、「何かに似ている」。そばにあったタワシを挟んでみて、「手にとって食べられるラーメン」が生まれた

■手にとって食べるラーメン、「めんバーガー」好評
(asahi.comより。2006.11.03 14:08。画像はリンク先にあります)

記事体広告のような気がしないでもないが、この「めんバーガー」なるもの、見た目はお好み焼き(笑)

モダン焼きの変形っぽくみえる。麺をパリパリに揚げたり焼いたりして食べるのは旨いので、まずくはないと思うが、全然新鮮でもないなぁ(笑)

愛の「めんバーガー」 の続きを読む

愛のいきなり団子 比較編

 2006-05-19(金)

いきなり団子(市販品)

 

 

 

 

 

 

 

いきなり団子」は地元では、普通にスーパーとかに売ってある。とは、以前に書いた。ちょっと数が少ないんだけれども、市販品と隣のおばちゃんが作ってくれた手作り品を比較してみた。

手作りの「いきなり団子」はヨモギいきなり団子でしたよ。

愛のいきなり団子 比較編 の続きを読む

愛のインスタントラーメン

 2006-04-24(月)

インスタントラーメン専門のラーメン店が東京の中野にあり、ZAKZAKで記事になっていた。

■インスタントで全“麺”戦争…全国から百種以上
(ZAKZAKより。2004.04.24)

インスタントラーメンを売り物として提供するラーメン屋ってのは、昔からあって、珍しくともなんともないのだけれど、ラーメン激戦区中野のお店だから記事になったようだ。

愛のインスタントラーメン の続きを読む

愛のいきなり団子の看板は黄色が多い

 2006-04-11(火)

今日は雨。一日中雨か曇りだった。

そんな中、出かけたら看板があったので撮影し、買ってみた。いきなり団子。ここのいきなり団子は、サツマイモの輪切りではなく、サツマイモ餡だったので団子自体が柔らかく、そして超甘かった。

いきなり団子の看板

 

 

 

 

 

黒あんは不要なくらい(笑)

愛のいきなり団子の看板は黄色が多い の続きを読む

愛のいきなり団子をお店で買う

 2006-04-06(木)

『ケロロ軍曹』のおかげですっかり全国区になった哀しき食べもの「いきなり団子」。以前も書いたけど、地元では普通にお店で売っている。コンビニにもあったり、専門店もあったりする。

それはまるでスーパーの精肉コーナーに当たり前の顔をして売ってある「馬刺し」のように(笑)

饅頭屋さんにももちろんあって、今日はスーパーに行ったら「いきなり団子」があったので買ってきた。やっぱ売り物は艶が違うね。テカテカしてる。粒あんもたっぷり入っているし。

愛のいきなり団子をお店で買う の続きを読む

愛の鏡開きとお雑煮

 2006-01-11(水)
今日は1月11日。
鏡開きである。鏡割りとうもいう。

もともとは武家の風習である。

具足(鎧甲などの武具)や鏡台に供えた鏡餅を、この日に割って食べる風習からきている。
のちに町家でもまねして定着する。

どうりで、今日雑煮を作っていたわけだ。
地域によっては雑煮ではなく、お汁粉にするみたいだけど。

大根と小松菜小松菜を投入










左は、お雑煮に入れる大根と小松菜。
右は、小松菜をお鍋に投入したところ。すぐ煮えるので一番最後に入れる具材である。

我が家のお雑煮は何味になるのだろう?
お味噌は使わない。昆布やスルメでダシをとった醤油味になるのかな。

こんな感じである。

愛の鏡開きとお雑煮 の続きを読む

愛の日本酒あらばしり

 2006-01-09(月)
日本酒醸造には色々な工程がある。

寒い冬を過ぎると旨い酒が出来上がるわけだけど、日本酒の「搾り」作業が燻製作りで参考にしているのこっ太さんのブログ「酒と友と燻製の日々」で紹介されていた。

あらばしりである。
荒走、新走と書く。

愛の日本酒あらばしり の続きを読む

愛の太宰府天満宮と椎の実

 2006-01-09(月)
太宰府天満宮は、この時期かき入れ時なので参道といわず、いたるところに露天が並ぶ。

田舎だけに、珍しい露天もある。
椎の実売りもそのひとつである。

椎の実。
椎(しい)の実である。

椎の樹は神社や学校には植えてあったりする。
ブナ科の常緑高木である。
山野に自生もしているが、初夏に開花し秋に実がなる。

ドングリだよ。
見た目は。

椎(しい)の実










そして、椎の実は食べられるドングリなのだ。
食べ方は、こうである。

愛の太宰府天満宮と椎の実 の続きを読む

愛の太宰府天満宮と梅ヶ枝餅

 2006-01-08(日)
三連休の中日、実家では姪っ子中三のために太宰府天満宮に総出でお参りに行った。
留守番のオイラ以外。

早朝からバタバタしてるなと思っていたら、そういうことだった。
調べ物があったので、ひとりで実家にいた。

オイラが初めて太宰府天満宮に行ったのは、姪っ子の母親である姉の高校受験の時だから13歳、中一の頃だ。

ずいぶんと大昔の話である。
その時の姉の歳に姪っ子がなったと思うと、なにやら感慨深いものがある。

愛の太宰府天満宮と梅ヶ枝餅 の続きを読む

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。