2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12
 
HOME > タブー

スポンサーサイト

 --------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

愛の算数の教材は基地問題

 2008-09-29(月)
ローゼン閣下の麻生政権では、発足早々中山成彬国土交通相が成田空港反対闘争を「ごね得」などとした一連の発言をめぐる混乱の責任を取りって辞任したわけですが、問題発言とされる中に日教組批判のやつもあった。

「日本の教育の『がん』である日教組をぶっ壊す」と、これ確信的に発言したそうですが、Yahoo!の中山国交相関連のトピックスには日教組ホームページのリンクが関連情報としてあったりするのですが、いや~面白いですね。

日教組ホームページに「親子で学ぶおもしろ算数教室」ってページがあるんですが、別に親子じゃなくてわたし個人として見たのですが「おもしろい」わけです(笑)

最高です。

愛の算数の教材は基地問題 の続きを読む

スポンサーサイト

愛のタブーなニュース

 2006-10-24(火)

世の中にはタブーが色々あって、小学生時代の通知表や中学の卒業アルバムの写真であったりと個人的なタブーから、アンタッチャブルな、触れてはいけない、見てはいけない、語ってはいけないという危険な香りのするタブーまで色々とある。

一般的なマスコミというのは、テレビと新聞であり、特にテレビの影響力というのは、これは未だに凄まじいものがある。

そんなテレビにもタブーはあって、触れてはいけないもの、語ってはいけないものがずっとあっただけれども、ネット社会という世界規模の情報伝達インフラが定着するにつて、そういうテレビが隠してきたもの、新聞が書いてこなかったことが如実に陽の目を見る時代になってきた。

そんな、タブーの一角が崩れてきているというのを実感するテレビ番組が大阪MBSで放送され、ネットの一部では「凄い内容だな」と感嘆の声で賞賛されている。少なくとも、この番組内容が「凄い」と思い、感嘆の声を上げる人というのは、少なからずこういったタブーな内容について若干の知識があった人に違いないなと。そして、このどこが「凄く」て感嘆するのだろうと思う人は、見事にテレビや新聞の隠蔽というか隠してきたことに踊らされてきた人に違いいないなと。

童話という、小中高の授業で、担当の先生が休みの時に別の先生が、まるで奥歯に物が挟まったような内容で授業した内容のダークば部分について。

奈良県の市職員が5年間病気休職して8日間しか出勤していないのに給与が支払われていた件。奥が深いというか、ヤバイ事件でタブーになるわけだと。

プレイリスト化していますので、最初の動画を再生すれば、連続再生します。全部で8つあって、50分くらいなのかな。見応えはあります。

続きには、この件を報じた他のテレビ動画を。みのさん怒ってますけど、怒る相手が違う。でも、きっちり最後にテレビで発言できない相手への皮肉を言ってますけどね。

愛のタブーなニュース の続きを読む

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。